♪ひとことメモがあります

NEW!




スケジュール -8月-

チケット購入方法については、こちらのページをご確認ください。
6月7月|8月

関西クラシック音楽界夏の祭典
サマーミュージックフェスティバル大阪2022 in the Phoenix Hall
25回目の夏祭を「フランク」に‼【第1夜】

8月11日(木・祝)17:00
ザ・フェニックスホール
一般¥4000/小中高生¥2000(自由席)
●出演者●
Pf/奥田妃奈(小5)、土井麻里愛(中1)、栗林萌華(中1)、
湊谷亜由美、芦刈元子、木下千代、福井真裕子、松本昌敏
Sop&Pf/田中留美子
Ten&Pf/畑 儀文
Cl/福井 聡
Vn/木和弘、田野倉雅秋、佐藤一紀、井上隆平
Va/木下雄介、細川 泉
Vc/佐藤 響、吉田円香
Cb/滝本恵利、池田源輝
Drs/森島 肇
●主な曲目●
モーツァルト:ヴィレム・ファン・ナッサウの歌による7つの変奏曲ニ長調K.25
アレンスキー:「4つの小品」op.25より第3曲エチュード
フォーレ:即興曲第1番op.25
シューマン:「ミルテの花」op.25より
シューベルト:「美しき水車屋の娘」op.25より
シマノフスキ:ロマンスニ長調op.23、ワイルドダンス、ロクサーヌの歌(オペラ「ロゲル王」より)
フランク:前奏曲、フーガと変奏曲、ヴァイオリンとピアノのためのソナタイ長調
フランセ:主題と変奏op.25
カプースチン〜ルステム・アビャゾフ(カザン室内管弦楽団)編:コンチェルト・ラプソディop.25 他
今年で25回目を迎える「サマーミュージックフェスティバル大阪」では、「作品25」特集を中心に、記念年にあたる作曲家のフランク、フランセ、シマノフスキ等の作品も織り交ぜながら、ザ・フェニックスホールで1公演、いずみホールで2公演の計3公演を開催致します。第1夜は、オープニングに未来のピアニストとして小中学生3名も加わり、関西で活躍する音楽家21名が結集しました。弾き歌いでは田中留美子のシューマン、畑儀文のシューベルトを、聴かせどころのヴァイオリンでは木和弘と湊谷亜由美のシマノフスキに、田野倉雅秋と木下千代のフランクもラインナップ!さらに、本邦初演のカプースチン「コンチェルト・ラプソディ」(室内楽版)を豪華メンバーでお届けします。まさに一曲入魂!今ここでしか聴けない一期一会のステージを3時間たっぷりとお届けします。

トワイライト・クラシック・コンサート
音で紡ぐ愛の物語

8月18日(木)16:00
宝くじドリーム館
入場無料
●出演者●
Vn/石上真由子
Pf/新居由佳梨
●主な曲目●
クララ・シューマン:3つのロマンスop.2
ブラームス:雨の歌op.59-3、ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調op.108 他
難波のOCATにある大阪宝くじドリーム館でトワイライト・クラシック・コンサートが入場無料で開催されます。年11回若手新鋭アーティストによる本格的なクラシックを間近で楽しむことができます。全国で活躍するアーティストたちの素晴らしい生の演奏を体感して下さい。

関西クラシック音楽界夏の祭典
サマーミュージックフェスティバル大阪2022 in Izumi Hall
25回目の夏祭を「フランク」に‼【第2夜】

8月20日(土)17:00
住友生命いずみホール
一般¥4000/小中高生¥2000(指定席)
●出演者●
Org/片桐聖子
2Pf/神尾夏希&大守真央、内藤雪子&北野真理子、
下川れいこ&添田ゆみ、猪瀬千裕&金澤佳代子
Pf/椋木裕子、鳥居知行、津村和泉、湊谷亜由美
Vn/ギオルギ・バブアゼ
Va/ザザ・ゴグア
Vc/大町剛
●主な曲目●
フランク:コラール第3番イ短調、前奏曲、フーガと変奏曲
フランセ:8つの異国風舞曲
ピアソラ:ル・グランタンゴ、リベルタンゴ
スクリャービン:2台ピアノのための幻想曲イ短調、ノクターン変ニ長調op.9-2、幻想曲ロ短調op.28
ローゼンブラット:カルメン幻想曲
ハイドン:ピアノ三重奏曲第25番ト長調Hob.XV:25「ジプシー」
ショパン:エチュードop.25より
ペヤチェヴィチ:ピアノ四重奏曲ニ短調op.25
今年で25回目を迎える「サマーミュージックフェスティバル大阪」では、「作品25」特集を中心に、記念年にあたる作曲家のフランク、フランセ、ピアソラ、スクリャービン等の作品も織り交ぜながら、ザ・フェニックスホールで1公演、いずみホールで2公演の計3公演を開催致します。第2夜では関西で活躍する音楽家16名が結集し、いずみホールの荘厳なパイプオルガン音色で始まり、2台ピアノ作品の数々に加え、ちょうど25年前にグルジア(現ジョージア)から来日したギオルギ・バブアゼ氏率いる弦楽メンバーによるピアノ三重奏や、本邦初演のクロアチア出身の女流作曲家ペヤチェヴィチの作品25のアンサンブル作品も聴きどころの一つです。まさに一曲入魂!今ここでしか聴けない一期一会のステージを3時間たっぷりとお届けします。

関西クラシック音楽界夏の祭典
サマーミュージックフェスティバル大阪2022 in Izumi Hall
25回目の夏祭を「フランク」に‼【第3夜】

8月21日(日)17:00
住友生命いずみホール
一般¥4000/小中高生¥2000(指定席)
●出演者●
Pf/遠藤真枝、小笠原順子、富岡順子、木下たまみ、稲垣 聡、
小林かずみ
Fl/谷口美香&上垣典子
Vn/木田雅子、ギオルギ・バブアゼ、
チプリアン・マリネスク、八幡 順
Va/ザザ・ゴグア
Vc/大町 剛
●主な曲目●
メシアン:「幼子イエスに注ぐ20のまなざし」より“聖母の初聖体拝領”
ドップラー:アンダンテとロンドop.25
クライスラー:アンダンティーノ、中国の太鼓、愛の悲しみ、スペイン舞曲第1番、美しきロスマリン、シンコペーション
メンデルスゾーン:ピアノ協奏曲第1番ト短調op.25(ピアノ五重奏版)
モーツァルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナタヘ長調K.37
7 フランク:前奏曲、コラールとフーガ、チェロとピアノのためのソナタイ長調
今年で25回目を迎える「サマーミュージックフェスティバル大阪」では、「作品25」特集を中心に、記念年に当たる作曲家のフランク、メシアン、クライスラー等の作品も織り交ぜながら、ザ・フェニックスホールで1公演、いずみホールで2公演の計3公演を開催致します。第3夜では、関西で活躍する音楽家総勢14名が結集しました。また、ちょうど25年前にグルジア(現ジョージア)から来日したギオルギ・バブアゼ氏率いる弦楽メンバーによるピアノ五重奏版のメンデルスゾーンのピアノ協奏曲も聴きどころの一つです。フランクのチェロとピアノのためのソナタで幕を閉じる本フェスティバルは、まさに一曲入魂!今ここでしか聴けない一期一会のステージを各夜3時間たっぷりとお届けします。

名古屋ダブルリードアンサンブルスペシャルコンサート2022
新たなる境地へ

8月24日(水)19:00
ザ・フェニックスホール
前売一般¥2000/学生¥1500(当日各¥500増)(自由席)
●出演者●
演奏/名古屋ダブルリードアンサンブル
●主な曲目●
大澤徹訓:9本のダブルリード楽器のためのバガテル集(2020)
山内雅弘:ダブルリードアンサンブルのための三章
リムスキー=コルサコフ:交響組曲《シェエラザード》より「海とシンドバッドの船」
リード:『アルメニアン・ダンスパート2』より「クーマル(結婚の舞曲)」
ボロディン:歌劇《イーゴリ公》より「だったん人(ポロヴェツ人)の踊り」
日本を代表する二人の作曲家大澤徹訓と山内雅弘の委嘱作品の世界初演をメインに、アルメニアン・ダンス、ホルストの組曲の聴きごたえたっぷりのプログラムでダブルリードだけのアンサンブルの魅力をお届けします。
※2月3日延期公演