♪ひとことメモがあります

NEW!




スケジュール -8月-

チケット購入方法については、こちらのページをご確認ください。
7月|8月|9月

サマーミュージックフェスティバル大阪2021 in the Phoenix Hall
サン=サーンス没後100年、ストラヴィンスキー没後50年
《同じ“S”でも大違い!》 【第1夜】

8月1日(日)17:00
ザ・フェニックスホール
一般¥4000/小中高生¥2000(自由席)
●出演者●
Guit/佐久間優、山中由美子、太田真佐代、宇田奈津美、濱田 圭
Vn/八幡 順、日比浩一、佐野智子
Fl/大江浩志
Ob/小林千晃
Cl/福井 聡
Pf/原 真奈美、松村敬子、松村英臣、磨 椋平
●主な曲目●
ファリャ:歌劇「はかなき人生」より
ブローウェル:雨のあるキューバの風景
ピアソラ:タンゴの歴史
サン=サーンス:オーボエとピアノのためのソナタニ長調op.166、ヴァイオリン・ソナタ第2番変ホ長調op.102
アーノルド:幻想曲、ディヴェルティメント、クラリネットとピアノのためのソナチネ
ストラヴィンスキー:イタリア組曲、クラリネット独奏のための3つの小品
ストラヴィンスキー(アゴスティ編):火の鳥
今年も「サマーミュージックフェスティバル大阪2021」を開催の運びとなりました。おかげさまで今年で24回を迎えます。コロナ禍での2年目の開催となり、例年より縮小気味のフェスティバルではありますが、ザ・フェニックスホールで1公演、いずみホールで2公演の計3公演の開催となり、関西で活躍する音楽家50余名が集結しました。徹底したウイルス対策を取りながら、元気な大阪を発信し、関西のクラシック音楽界を盛り上げて参りたいと思います。今年のテーマは、サン=サーンス没後100年、ストラヴィンスキー没後50年《同じ“S”でも大違い!》と題し、二人の作曲家の作品を中心に取り上げます。また、他の記念イヤーの作曲家の作品も集め、各日たっぷり3時間多彩なプログラムでお届けいたします。どうぞ一期一会の生の音楽の素晴らしさを2つのホールの音空間で体感して下さい!

Anniversary Concert
〜卒業40周年を記念して〜

8月8日(日・祝)13:30
「常翔ホール」大阪工業大学梅田キャンパス3F
¥3000(自由席)
●出演者●
Sop/浅井順子、芦原昌子、渡沼雅子
M-Sop/荒田祐子
Pf/林 典子、蜷川千佳
●主な曲目●
アーン:歌曲集「ヴェネツィア」より
ファリャ:「7つのスペイン民謡」
シュトラウス:オペレッタ「こうもり」より“チャルダッシュ” ヴェルディ:オペラ「椿姫」より“あぁ、そは彼の人か〜花から花へ〜” 他
神戸女学院大学を卒業して40年、関西のオペラシーン等で活躍を続けている4人の歌姫たちがこれまでの歩みの集大成として、それぞれお得意の十八番を歌い綴ります。4人の個性溢れる歌の数々をたっぷりとお楽しみ下さい。

サマーミュージックフェスティバル大阪2021 in the Phoenix Hall
サン=サーンス没後100年、ストラヴィンスキー没後50年
《同じ“S”でも大違い!》 【第2夜】

8月21日(土)17:00
住友生命いずみホール
一般¥4000/小中高生¥2000(指定席)
●出演者●
Pf/橋本佳奈、井手智佳子、加藤八千代、土井 緑、源 未来、松村英臣
Cl/新 曉子
Vn/中村亜季
中国琵琶/エンキ
尺八/三橋貴風
4Hds/關口康祐&木村貴子
●主な曲目●
サン=サーンス:アレグロ・アパッショナート、クラリネット・ソナタ変ホ長調op.167、序奏とロンドカプリチオーソ ピアソラ:バラの河〜さらばパリ、リベルタンゴ、天使のミロンガ、天使の死 大澤壽人:富士山、丁丑春三題 ストラヴィンスキー:タンゴ、兵士の物語、ペトルーシュカからの3楽章、バレエ音楽「春の祭典」
今年も「サマーミュージックフェスティバル大阪2021」を開催の運びとなりました。おかげさまで今年で24回を迎えます。コロナ禍での2年目の開催となり、例年より縮小気味のフェスティバルではありますが、ザ・フェニックスホールで1公演、いずみホールで2公演の計3公演の開催となり、関西で活躍する音楽家50余名が集結しました。徹底したウイルス対策を取りながら、元気な大阪を発信し、関西のクラシック音楽界を盛り上げて参りたいと思います。今年のテーマは、サン=サーンス没後100年、ストラヴィンスキー没後50年《同じ“S”でも大違い!》と題し、二人の作曲家の作品を中心に取り上げます。また、他の記念イヤーの作曲家の作品も集め、各日たっぷり3時間多彩なプログラムでお届けいたします。どうぞ一期一会の生の音楽の素晴らしさを2つのホールの音空間で体感して下さい!

サマーミュージックフェスティバル大阪2021 in the Phoenix Hall
サン=サーンス没後100年、ストラヴィンスキー没後50年
《同じ“S”でも大違い!》 【第3夜】

8月22日(日)17:00
住友生命いずみホール
一般¥4000/小中高生¥2000(指定席)
●出演者●
Org/片桐聖子
Vn/木田雅子、菊本恭子、ギオルギ・バブアゼ、田野倉雅秋
Va/中島悦子
Vc/池村佳子、大町 剛
Cb/滝本恵利
Ob/大島弥州夫
Cl/篠原猛浩
Fg/東口泰之
2Pf/神尾夏希&松本晴香、今村雅子&山内 愛、藤木新子&山本江利
2台8手/山内鈴子&山内結実&添田ゆみ&奥村智美
Pf/木下たまみ、木下千代、益子明美
Tp/西川綾子
●主な曲目●
アルビノーニ:弦楽とオルガンのためのアダージョ
トマジ:田園のコンセール
サン=サーンス:アラブ奇想曲、英雄的奇想曲、スケルツォ、死の舞踏op.40、前奏曲とフーガハ長調op.109、ヴァイオリンソナタ第1番ニ短調op.75、七重奏曲変ホ長調op.65
ストラヴィンスキー大野和子編:火の鳥(2台8手)
ピアソラ:アヴェ・マリア、ブエノスアイレスの夏、オブリヴィオン、リベルタンゴ
今年も「サマーミュージックフェスティバル大阪2021」を開催の運びとなりました。おかげさまで今年で24回を迎えます。コロナ禍での2年目の開催となり、例年より縮小気味のフェスティバルではありますが、ザ・フェニックスホールで1公演、いずみホールで2公演の計3公演の開催となり、関西で活躍する音楽家50余名が集結しました。徹底したウイルス対策を取りながら、元気な大阪を発信し、関西のクラシック音楽界を盛り上げて参りたいと思います。今年のテーマは、サン=サーンス没後100年、ストラヴィンスキー没後50年《同じ“S”でも大違い!》と題し、二人の作曲家の作品を中心に取り上げます。また、他の記念イヤーの作曲家の作品も集め、各日たっぷり3時間多彩なプログラムでお届けいたします。どうぞ一期一会の生の音楽の素晴らしさを2つのホールの音空間で体感して下さい!

田中公道テノールリサイタル84
オペラ歌手デビュー61周年・妻と共に歩んだ歌人生

8月27日(金)15:00
住友生命 いずみホール
一般¥4000/小中高生¥1000(当日指定)
●出演者●
Ten/田中公道
Pf/多久潤子
●主な曲目●
プッチーニ:オペラ「トゥーランドット」より“誰も寝てはならぬ!”、オペラ「トスカ」より“星は光りぬ”
モリコーネ:私の空想の中では
ナーチョ:いとしい人
ゴンザーガ:私は死ぬまであなたを愛しています!
ヴェルディ:オペラ「オテロ」より“恥と悲しみに満ちて”
ララ:グラナダ/ラマ:静けさに歌う
ロータ:もっと静かに話して(ゴットファーザー「愛のテーマ」)
ルイギイ:バラ色の人生
サッティ:ほほにかかる涙
カルディルロ:カタリ
日本のみならず、中国やブラジルでも大活躍の84歳生涯現役テノール歌手、田中公道。年齢を感じさせないハイテナーは健在。昨年60周年を迎え、コロナ禍で1年越しとなり、さらに緊急事態宣言の影響で6月19日も延期となりましたが、8月27日の平日昼公演として開催致します。十八番のオペラアリアの名曲から世界各国の歌の数々を歌い綴りながら、人々を勇気付けます。