♪ひとことメモがあります

NEW!




スケジュール -11月-

チケット購入方法については、こちらのページをご確認ください。
11月|12月1月

Nostalgic Songs〜帰りたい 歌いたい〜

11月1日(日)13:30
住友生命いずみホール
前売¥4000/当日¥4500(指定席)
●出演者●
Sop/老田裕子
M-Sop/永松圭子
Ten/畑 儀文
Bs-Bar/篠部信宏
Pf/城村奈都子
●主な曲目●
五木の子守唄、竹田の子守唄、中国地方の子守唄、童神、いのちの理由、日々草、よろこびが集まったよりも、鱒、夢路より、庭の千草、菩提樹、鴎、おんがく、落葉松、風が、遥かな友に 他
ミンネザンク主催の住友生命いずみホールでのNostalgic Songsは、子守唄、日本のうた、世界のうたそれぞれの歌の魅力を4人の声楽陣が独唱から四重唱まで、抒情たっぷりと歌い上げます。懐かしのあのメロディこのメロディを心行くまでお楽しみ下さい。

トワイライト・クラシック・コンサート
世界のダンス!!〜サクソフォーン四重奏と打楽器の無敵コラボレーション〜

11月5日(木)16:00
宝くじドリーム館
入場無料
●出演者●
Quatuor B(S-sax/國末貞仁、A-sax/山浦雅也、
T-sax/有村純親、B-sax/小山弦太郎)
Perc/野尻小矢佳
●主な曲目●
ガイス:イマジナリーダンス

ウィーラン:リバーダンス バーンスタイン:ウエスト・サイド・ストーリーより 他
難波のOCATにある大阪宝くじドリーム館でトワイライト・クラシック・コンサートが入場無料で開催されます。年10回若手新鋭アーティストによる本格的なクラシックを間近で楽しむことができます。全国で活躍するアーティストたちの素晴らしい生の演奏を体感して下さい。

令和2年度(第75回)文化庁芸術祭参加公演
三木康子 ピアノ・リサイタル
-時空を超え未来に響く音を求めて-No.7

11月6日(金)19:00
住友生命いずみホール
一般¥4000/学生¥2000(当日指定)
●出演者●
Pf/三木康子
●主な曲目●
ベートーヴェン:創作主題による6つの変奏曲ヘ長調op.34
ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番ヘ短調op.5
フォーレ:バラード嬰ヘ長調op.19
尾高惇忠:ピアノ・ソナタ
4年ぶりの「時空を超え未来に響く音を求めて」リサイタルシリーズも7回を数えます。ベートーヴェン、ブラームス、フォーレ、尾高惇忠の4人の作曲家それぞれの魅力あふれるピアニズムの世界へと誘います。

清原千賀ピアノ弾き歌い vol.16
團 伊玖磨『雨のあとさき』

11月14日(土)14:00
ザ・フェニックスホール
¥4000(指定席)
●出演者●
Sop,Pf/清原千賀
Ten/清原邦仁
Vn/海道久恵、遠山千景
Pf/冨岡潤子
Chor/S24
●主な曲目●
團伊玖磨:「雨のあとさき」、小諸なる古城のほとり
プッチーニ:歌劇「ラ・ボエーム」より“私の名前はミミ”
グリーグ:「ペールギュント組曲」より“ソルヴェイグの歌”
グノー:歌劇「ロメオとジュリエット」より“ああ、太陽よ昇れ”
イグデスマン:名無しのタンゴ、タンゴの町へ
三善晃:麦藁帽子 他
難易度の高い日本歌曲集の弾き歌いを続けるチャレンジ精神旺盛の清原千賀の弾き歌いコンサートも今年で16回を数えます。年々そのパワーを増す清原ファミリーの心温まるステージは、毎回満員御礼の好評を博しています。当初、昼夜2回公演の予定でしたが、9月19日に入場制限が緩和されたため、従来通り昼公演のみとなりました。

トワイライト・クラシック・コンサート
モーツァルトからガーシュウィンまで“音楽”を楽しもう!

11月19日(木)16:00
宝くじドリーム館
入場無料
●出演者●
Pf/中野翔太
●主な曲目●
モーツァルト:幻想曲ニ短調K.397
ドビュッシー:ベルガマスク組曲より「月の光」
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー 他
難波のOCATにある大阪宝くじドリーム館でトワイライト・クラシック・コンサートが入場無料で開催されます。年10回若手新鋭アーティストによる本格的なクラシックを間近で楽しむことができます。全国で活躍するアーティストたちの素晴らしい生の演奏を体感して下さい。

関西歌曲研究会
日本歌曲の流れ第97回演奏会
〜なかにしあかねをうたう〜

11月20日(金)18:30
ドーンセンターホール
¥3000(自由席)
●出演者●
声楽:内田千景、大岡美佐、尾崎比佐子、川下由理、
見さなえ、中川正崇、中野 綾、西尾岳史、西田真由子、
山守美由紀
Pf/關口康祐、中村展子
プロデュース/宇仁 節、須礼子
●主な曲目●
今日もひとつ、けやきの新芽、木のように、愛されている、よろこびが集まったよりも、ケヤキ、イエライシャン、鳥の宅配便屋さん、声、今日は朝から雨 他
関西歌曲研究会の第97回目となる「日本歌曲の流れ」は、それぞれの個性溢れる10名の声楽陣が、なかにしあかね作品の魅力に迫ります。今回11月は会場をドーンセンターホールに戻して開催します。お間違いのないよう。