♪ひとことメモがあります

NEW!



スケジュール -6月-

チケット購入方法については、こちらのページをご確認ください。
6月|7月8月

関西歌曲研究会
初夏にうたう〜日本歌曲の夕べ〜

6月7日(金)18:30
兵庫県立芸術文化センター・小ホール
¥2500(自由席)
●出演者●
声楽/新井俊稀、伊原木幸馬、大利里美、河邉敦子、末廣早苗、
立花明子、前田令子、三輪千賀、山守美由紀、吉岡仁美、
脇田真里、渡沼雅子
Pf/竹村美和子、田中実子 プロデュース/中井理映子、
道簱直樹
●主な曲目●
夏の思い出/サッカーによせて/曼珠沙華/海ほおずきと少年/舞/歌をください/夜の歌/ある日のたび/悲歌/胡蝶花に寄せて/さくら撩乱/湖上 他
関西歌曲研究会演奏会、恒例の「初夏にうたう」は、今年も兵庫県立芸術文化センター・小ホールでの開催となります。10名の声楽陣が、初夏の季節に相応しい格式高い日本歌曲から現代作曲家の日本歌曲の数々を綴ります。それぞれの個性溢れるステージをたっぷりとお楽しみ下さい。

公益社団法人 関西二期会
新・想い出のあの歌この歌
童謡誕生100年〜今も歌い継がれて〜

6月14日(金)19:00
いずみホール
¥3500(当日指定)
●出演者●
声楽/安部り麻、大門真知子、小澤聖子、鐘ヶ江仁美、
桐山由香、欅田真須子、小平瑛里佳、篠原美幸、鈴木 萌、
田さをり、武智美奈、津田基子、中野 綾、西田想人美、
西田真由子、沼田葉子、畑田弘美、藤井零治、藤原道代、
松井るみ、松永麻美、水野昌代、矢内絵利子、山ア正博、
山本基子、吉武貴子
Pf/禅定佳隆、金子浩三 企画構成/門屋菊子
●主な曲目●
背くらべ/夏は来ぬ/村祭/里の秋/かあさんの歌/かなりや/案山子/しゃぼん玉/十五夜お月さん/牧場の朝/花嫁人形/毬と殿様/大きな古時計/船頭さん/月の沙漠/めだかの学校/森の小人/ことりのうた/おつかいありさん/幸せなら手をたたこう/線路は続くよどこまでも/手のひらを太陽に/森のくまさん/権兵衛さんの赤ちゃん/北風小僧の寒太郎/サッちゃん/山口さんちのツトム君/メリーさんのひつじ/ふるさと 他
門屋菊子プロデュースによる関西二期会好評の「新・想い出のあの歌この歌」。今年は童謡誕生100年を記念し、それぞれの個性溢れるアンサンブルで39曲の童謡唱歌をたっぷりとお届けします。

トワイライト・クラシック・コンサート
香り高き舞曲の世界

6月20日(木)16:00
宝くじドリーム館
入場無料
●出演者●
Pf/酒井有彩
●主な曲目●
ラヴェル:高雅で感傷的なワルツ、ラ・ヴァルス 他
難波のOCATにある大阪宝くじドリーム館でトワイライト・クラシック・コンサートが入場無料で開催されます。年10回若手新鋭アーティストによる本格的なクラシックを間近で楽しむことができます。全国で活躍するアーティストたちの素晴らしい生の演奏を体感して下さい。

NPO法人関西音楽人クラブ主催
池田洋子の目から鱗!Vol.1
《ピアノを教える先生のための》レクチャーコンサート

6月21日(金)10:15
日本基督教団 天満教会
¥2000(自由席/予約制)
●出演者●
Pf/池田洋子
●主な曲目●
教材:コルトー版 ツェルニー「25のエチュード」
 ツェルニー「25のエチュード」op.748(全音楽譜出版社)書かれているコルトーの指使いを用いて、難しいパッセージを単に機械的な指の運動にとどまらず、作品の持つ芸術的表情が表現できるタッチを一緒に勉強してみませんか?

ジョン・健・ヌッツォ リサイタルツアー2019
VIENNA〜ウィーン、我が夢の街

6月22日(土)14:00
兵庫県立芸術文化センター・小ホール
S¥6000/A¥5000/シニア(65歳以上)各ランク1割引(指定席)
●出演者●
Ten/ジョン・健・ヌッツォ
Bar/甲斐栄次郎(ゲスト)
Pf/滝本紘子
●主な曲目●
ハイドン:オラトリオ「天地創造」より
ヴォルフ:隠棲
ブラームス:知らせ、五月の夜
R.シュトラウス:献呈、万霊節
シューベルト:セレナーデ、ます、水上で歌う 、さすらい人の夜の歌
モーツァルト:おいで、いとしのツィターよ、歌劇「ツァイーデ」より“友よ、ありがとう” 、歌劇「フィガロの結婚」より“ もう飛ぶまいぞこの蝶々”、“さあ目をあけて”、歌劇「魔笛」より“なんと美しい絵姿”、ピアノソナタ第9番K.311 より第1楽章
レハール:喜歌劇「「ロシアの皇太子」より“ヴォルガの歌”、喜歌劇「ほほえみの国」より“君こそわが心のすべて”
4年目のリサイタルツアー、今年は日本オーストリア友好150周年を記念し、オーストリアにゆかりのある作曲家の珠玉の名曲をお届けします。ヌッツォの甘いオペレッタの調べをはじめ、ゲストにバリトン甲斐栄次郎を迎え、「フィガロの結婚」より“もう飛ぶまいぞこの蝶々”等、多彩な歌の数々をお楽しみ下さい。