♪ひとことメモがあります

NEW!



スケジュール -4月-

チケット購入方法については、こちらのページをご確認ください。
3月|4月|5月

こどものためのコンチェルト in いずみホールVol.3

4月4日(木)15:00
いずみホール
●出演者●
Cond/延原武春
Orch/テレマン室内オーケストラ
Pf/南宙、塩田夢、中山まどか、栗林萌華、高井美空、大竹葵、
橋本知紗 他
●主な曲目●
横山菁児:こどものためのピアノコンチェルティーノ「ちょうちょ」
モーツァルト:ロンドK.382、ソナチネ第6番第1楽章、ソナチネ第7番第1・3楽章/バッハ:ピアノ協奏曲第5番BWV1056第1・3楽章 他 
いずみホールでオーケストラとの夢の協演をと、小学生から中学生の未来のピアニストを目指す優秀なこどもたちが集まりました。コンクール歴も多いこどもたちの名演奏を延原武春率いるテレマン室内オーケストラがサポートします。

SPring Concert 2019
春薫〜色とりどりの音色に包まれて〜

4月10日(水)19:00
兵庫県立芸術文化センター・小ホール
¥3000(自由席)
●出演者●
Mrb/小松加奈
Bar/渡邊光太郎(Pf/渡邊祥子)
Cl/新曉子
中国琵琶/エンキ
4Hds/城居裕貴&丹羽真奈美
2Pf/鰺坂知佳&川本麻弥、金澤佳代子&猪瀬千裕
●主な曲目●
ジブコビッチ:イリヤーシュ
ヘンデル:ラルゴ
別宮貞雄:さくら横ちょう
シューマン:幻想小曲集
エンキ:故郷の春節、琵琶のワルツ
ドビュッシー:小組曲
ローゼンブラット:アリスインワンダーランド、カルメンの主題によるファンタジー 他
人気の兵庫県立芸術文化センターでのスプリングコンサートは、第1部にマリンバ、声楽、クラリネット、中国琵琶、第2部は連弾と2台ピアノの3組のピアノデュオによる演奏をお届けします。爽やかな春のひととき、様々な音色のシャワーをお楽しみ下さい。

トアイライト・クラシック・コンサート
春のテューバ祭り
縁の下の力持ちテューバの魅力に迫る!

4月18日(木)16:00
宝くじドリーム館
入場無料
●出演者●
Tb/喜名 雅
Pf/中川賢一
●主な曲目●
シューマン:アダージョとアレグロ
リマー:ケンタッキーの我が家の主題による変奏曲
ニュートン:テューバのための奇想曲 他
難波のOCATにある大阪宝くじドリーム館でトワイライト・クラシック・コンサートが入場無料で開催されます。
年10回若手新鋭アーティストによる本格的なクラシックを間近で楽しむことができます。
全国で活躍するアーティストたちの素晴らしい生の演奏を体感して下さい。

トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン
ウィーン・プレミアム・コンサート

4月19日(金)19:00
ザ・シンフォニーホール
S¥6000/A¥5000/B¥3500(指定席)
●出演者●
芸術監督・Vn/フォルクハルト・シュトイデ
Cl/ゲラルド・パッヒンガー
Va/エルマー・ランダラー
トヨタ・マスター・プレイヤーズ,ウィーン
特別協力/ウィーン国立歌劇場
名誉監督/ウィーン国立歌劇場総監督ドミニク・マイヤー
●主な曲目●
シューベルト:交響曲第5番変ロ長調D485
ブルッフ:クラリネットとヴィオラのための協奏曲ホ短調op.88
J.シュトラウスU世:喜歌劇「ヴェネツィアの一夜」序曲op.416、宝石のワルツop.418、ポルカ・シュネル「急行列車」op.311、入江のワルツop.411
J.ランナー:ワルツ「ロマンティックな人々」op.167
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・マズルカ「遠方から」op.270
ウィーン国立歌劇場の協力を得て、本公演のために30名で特別編成された指揮者なしの世界最高水準の室内オーケストラ。2000年よりトヨタ自動車(株)の社会貢献(芸術文化支援)活動の一環として開催を続け、今回で16回目の来日となります。大阪公演はブルッフ:クラリネットとヴィオラのための協奏曲とシューベルトの交響曲の他、本場ウィーンならではの名曲選でお届けします。クォリティの高い究極のアンサンブルをご堪能下さい。低料金で高水準の演奏が楽しめるまたとないこの機会をお見逃しなく!

カンパニーでこぼこ第17回公演
バレエ『ロミオ&ジュリエット』『パキータ』

4月20日(土)17:00
東リ いたみホール
SS¥10000/S¥8000/A¥5000(当日各500円増)
ユース22歳以下前売30枚限定¥3000(当日指定)
●出演者●
演出/脇塚 力
指揮/守山俊吾
演奏/テアトロ・バレエ・Orchestra大阪
ダンサー/今西 歩、榎本 心、岡田智子、岡田兼宜、岡田倖奈、
香西秀哉、笠原千裕、木村友紀、郷原信裕、
デイビッド・デ・ピューリー、中嶋美晴、中山恵美子、
永山太加宏、新屋滋之、福井友美、藤岡麻友、藤原淑子、
松本昭浩、松本聖也、松本章一郎、脇塚 力、脇塚 優
●主な曲目●
「ロミオ&ジュリエット」「パキータ」
 「バレエって?」…ダンサーが跳んだり回ったりします。あと、泣いたり、笑ったり、怒ったりします。そして、バレエというのは無声音楽劇なのです。音楽にのせて、台詞をなしに物語を創ります。

 「わかるの?」……わかります。足の小指を机の角にぶつけたようなものです。その時に言葉はありません。でも体の動きを見ていればわかります。誰かを好きになった時のうまく言えない時なども同じです。むしろ言葉には出来ませんが充分にわかります。

 カンパニーでこぼこは“こえにできないことば。ことばにできないおもい。ことばのすきまにあるおもい。”を伝えよう!をテーマに作品創りをします。“誰が観ても楽しめるバレエを届けたい!皆様の娯楽の一つになりたい!”という思いのメンバーが集まり舞台を創ります。
 演奏は、第15回、第16回公演での大好評に引き続き、守山俊吾率いるテアトロ・バレエ・Orchestra大阪。この作品は、ダンサー達は舞台上で“本当に”笑い、“本当に”怒り、“本当に”好きになるのです。全身全霊で演じます。そして“本当に”悲しくなって…というものです。今回もダンサー、スタッフ一同全力疾走します。是非!観に来て下さい!是非!!でこぼこワールドを楽しみに来て下さい!

関西二期会
フランスの声 SerieU 4e
「ラヴェルの音楽の世界」

4月25日(木)19:00
兵庫県立芸術文化センター・小ホール
¥3500(自由席)
●出演者●
声楽/安部り麻、加田真紀子、鐘ヶ江仁美、菊池美穂子、
北島良美、粉川陽子、末廣亜矢子、谷本恵津子、野村明代、
福原亜季、水野昌代、南出真美、萬田一樹、山ア 覚
Pf/高垣 節、藤里香世
公演監督/福田清美
●主な曲目●
ラヴェル:《シェヘラザード》T.アジア U.魔法の笛、草の上で、《博物誌》U.こおろぎ、《5つのギリシャ民謡》、トリパトス、恋に死んだ女王のためのバラード、聖女、《マダガスカル島民の歌》V.休息、子どもと魔法 他 
福田清美プロデュースによる関西二期会の「フランスの声」シリーズ。今回はラヴェルの歌の数々をそれぞれの個性溢れる14名の声楽陣が歌い綴ります。エスプリ溢れるラヴェルの名曲・秘曲の数々をたっぷりとお楽しみ下さい。