♪ひとことメモがあります

NEW!



スケジュール -10月-

チケット購入方法については、こちらのページをご確認ください。
10月|11月12月

向井洋子 ピアノリサイタル
〜愛の旅〜

10月01日(日)16:00
兵庫県立芸術文化センター・大ホール
一般¥3000/小中高生¥1500(指定席)
●出演者●
Pf/向井洋子
Vn/釋伸司、岩本祐果
Va/松田美奈子
Vc/山岸孝教
●主な曲目●
バッハ:フランス組曲第5番ト長調BWV816
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第5番ハ短調op.10-1
ショパン:「12の練習曲」op.25より第1番変イ長調「エオリアンハープ」、第2番ヘ短調、スケルツォ第2番変ロ短調op.31、ピアノ協奏曲第2番ヘ短調op.21【ピアノ五重奏版】
蘇州生まれの11歳のピアニスト向井洋子、昨年は松形ホールでリサイタルを開催し、神戸新聞やNHK「ぐるっと関西おひるまえ」に出演するなどマスコミにも取り上げられました。今年は、前半にバッハ、ベートーヴェン、ショパンのピアノソロ作品を、後半はショパンのピアノ協奏曲第2番をピアノ五重奏版でお届けします。その豊かな表現力は書道や読書など音楽以外の感性や生活習慣によって培われ、魂のこもった美しいピアノの音色を奏でる少女の今後の成長が見逃せません!

サルビア・ゾリステンVol.22
〜世界の名曲の響宴〜

10月03日(火)19:00
兵庫県立芸術文化センター・小ホール
¥3500(自由席)
●出演者●
企画・監修/山本智子
Sop/有元光子、小梅尚子、末廣孝子、永松久美子、
谷本恵津子、玉田美絵、古瀬明子、渡沼雅子
M-Sop/古山淑子、黒江 薫
ピアノ連弾/島田由希子、畑守真由美
ピアノ伴奏/長谷川美穂子、福田和子
●主な曲目●
團伊久磨:秋の野
小林秀雄:落葉松
チャイコフスキー:なぜ?
クルト・ヴァイル:ユーカリ(タンゴ・ハバネラ)
ベッリーニ:「ノルマ」より ご覧なさい、ノルマ
プッチーニ:「ヴィッリ」より もしお前たちのように小さな花だったら
ヴェルディ:「ドン・カルロ」より むごい運命よ
シャブリエ:道化の行進
グノー:「ロミオとジュリエット」より 私は夢に生きたい 他
山本智子企画監修によるサルビア・ゾリステン、毎年いずみホールで21回開催を続けてきましたが、今年から兵庫県立芸術文化センター・小ホールにホールを移し、開催致します。声楽10名によるソロと二重唱、そしてピアノ連弾も加わり、日本、ロシア、ドイツ、イタリア、フランスの世界各国の名曲の数々をお届けします。

関西歌曲研究会第90回演奏会
日本歌曲の流れ
日本歌曲の本流W》中田喜直をうたう 第2夜

10月13日(金)18:30
ドーンセンターホール
¥3000(自由席)
●出演者●
声楽/青木耕平、梅谷幸子、大谷志穂、加藤真由子、川下由理、
金桂仙、小餅谷哲男、嶋優羽、谷田礼奈、中川正崇、
藤原未佳子、松永芙紗子、森仁美、吉岡仁美、吉永裕恵
Pf/阪本朋子、關口康祐
プロデュース/矢野蓉子、渡邊弓子
●主な曲目●
夏がくると/忘れな草/悲しくなったときは/うばぐるま/髪/アマリリス/つくだ煮の小魚/はなやぐ朝/星とたんぽぽ/ピアニシモの秋/海ほおずきと少年/ねむの花/心の窓に灯を/サルビア/おとずれ 他
矢野蓉子、渡邊弓子プロデュースによる昨年の第1夜に続く中田喜直作品第2夜は、独唱と二重唱の作品を15名の声楽陣が歌い綴ります。名曲秘曲の数々で中田喜直ワールドをお楽しみください。

中村美生子ピアノリサイタル

10月14日(土)18:30
ザ・フェニックスホール
前売¥3000/当日¥3500(自由席)
●出演者●
Pf/中村美生子
●主な曲目●
プロコフィエフ:《ロメオとジュリエット》からの10の小品op.75より民衆の踊り、少女ジュリエット、モンタギュー家とキャピュレット家、マーキューシオ
スクリャービン:ソナタ第3番嬰へ短調op.23
ショパン:24の前奏曲op.28
神戸女学院大学研究生修了。現在、同大学講師を務める中村美生子。近年は2〜3年毎にリサイタルを開催し、今年はプロコフィエフ、スクリャービンの近現代作品を前半に、後半はショパンの大曲24のプレリュードに挑みます。

ヴァチカン国際音楽祭2017記念
モーツァルト「レクイエム」 Cond/西本智実

10月18日(水)19:00
あましんアルカイックホール
S¥4000/A¥3000(指定席)
●出演者●
Orch/イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
Chor/イルミナート合唱団
Sop/熊本佳永
Alt/野上貴子
Ten/小堀勇介
Br/田中勉
●主な曲目●
モーツァルト:「レクイエム」K.626(字幕付き)、「戴冠式ミサ」ハ長調K.317
2013年アジア初の「ヴァチカン国際音楽祭」に出演以来、ウィーンフィルとともに同音楽祭のホストオーケストラの重責を担ってきた西本智実指揮イルミナートフィルオーケストラの5年連続の招聘が実現!11月にはサン・ジョヴァン二・イン・ラテラノ大聖堂で「レクイエム」を演奏。欧州の音楽界が注目するその特別公演に先駆け、記念公演として開催されます。西本智実が世界へ捧げるモーツァルトの鎮魂の響きにご期待ください!

トワイライト・クラシック・コンサート
秋の宵に哀愁のブラームスを

10月19日(木)16:00
宝くじドリーム館
入場無料
●出演者●
Vn/甲斐摩耶
Pf/垣内敦
●主な曲目●
J.ブラームス:ソナタ第3番 、F.A.E.ソナタより スケルツォ 他
難波のOCATにある大阪宝くじドリーム館でランチタイムコンサートが入場無料で開催されます。年10回若手新鋭アーティストによる本格的なクラシックを身近で楽しむことができます。身近で迫力ある生演奏をお楽しみ下さい。

土井緑ピアノリサイタル
〜パリで煌めく作曲家達〜Vol.3

10月26日(木)19:00
ザ・フェニックスホール
前売:一般¥3500/学生¥2000 当日:各¥500増(自由席)
●出演者●
Pf/土井緑
●主な曲目●
大澤壽人:富士山、ソナチネホ短調、丁丑春三題
ラヴェル:グロテスクなセレナード、「夜のガスパール」1.オンディーヌ、2.絞首台、3.スカルボ
今年度のリサイタル「パリで煌めく作曲家達3」では、これまでのフランス音楽への取り組みの集大成としてラヴェル「夜のガスパール」を中心に据えて、大澤壽人の作品としては過去3回のリサイタルで取り上げた3つの代表作を再演します。師である安川加寿子から学んだフランスのピアニズムをベースに、関西・阪神間のモダンな風土で育った大澤壽人のピアノ作品をお楽しみください。

若い音楽家たちの飛翔No.108

10月28日(土)15:00
ザ・フェニックスホール
¥3000(自由席)
●出演者●
Pf/森上あずさ、門脇いずみ、水崎安美、山出美緒、井関文香
司会/KINAKO
●主な曲目●
ラヴェル:「クープランの墓」より1.プレリュード 4.リゴードン 5.メヌエット 6.トッカータ、「鏡」より1.夜蛾 4.道化師の朝の歌
メトネル:「4つのおとぎ話」op.26より3.ヘ短調
プロコフィエフ:ソナタ第7番変ロ長調op.83
シューマン:幻想曲ハ長調op.17より第1楽章
若い音楽家たちの登竜門として定着している飛翔コンサート、第108回は5名のピアニストによるフレッシュな演奏をお楽しみください。それぞれ演奏後にはインタビューも入り、本格的な演奏と演奏者の生の声も聞けるアットホームな雰囲気でお届けします。

北中綾子 ピアノリサイタル
Schumannkreis〜シューマンをめぐる愛と友情〜

10月29日(日)15:00
ザ・フェニックスホール
一般¥3500/学生¥2000(自由席)
●出演者●
Pf/北中綾子
●主な曲目●
クララ・シューマン:ロベルト・シューマンの主題による変奏曲嬰へ短調op.20
ブラームス:ロベルト・シューマンの主題による変奏曲嬰へ短調op.9
ロベルト・シューマン:「色とりどりの小品」op.99より第1曲・第2曲・第3曲・第4曲、アレグロロ短調op.8、ピアノソナタ第1番嬰へ短調op.11
大阪教育大学を経て、ポーランド国立クラクフ音楽大学研究科修了。その後ドイツで、さらにクラクフ音楽大学で研鑽を重ね、08年帰国。第13回タデウシュ・ジムジンスキコンクール第1位。アンジェイ・ピクルもその才能に大きな期待と寄せている若手注目ピアニスト北中綾子の3年ぶり4度目のリサイタルは、シューマンを軸にプログラミング。その妻クララと大きな影響を与えたブラームスによるそれぞれのシューマンの主題で綴られた変奏曲とシューマンの小品を前半に、後半は大曲ソナタ第1番をお届けします。