♪ひとことメモがあります

NEW!



スケジュール -7月-

チケット購入方法については、こちらのページをご確認ください。
6月|7月|8月

クオレの会コンサートシリーズMIWAKU Vol.1
石橋栄実と坂口裕子の世界

7月17日(月・祝)17:30
ザ・フェニックスホール
A¥4000/B¥3000(指定席)
●出演者●
Sop/石橋栄実、坂口裕子
Pf/阪本朋子
●主な曲目●
ほしとたんぽぽ、すずしきうなじ、むこうむこう、雪のふるまちを、君をのせて、時には昔の話を、 もののけ姫、いつも何度でも、さよならの夏、世界の約束 他
お待たせしました!「クオレの会」が新シリーズ“MIWAKU”を立ち上げました。第1回は関西を代表するプリマドンナ石橋栄実と坂口裕子2人の素晴らしい歌声をお届けします。クオレですので普通のコンサートでないことは皆さんご承知おきのことと思います。。。さて何が起こるかは来てのお楽しみ〜。乞うご期待!

モーツァルト室内管弦楽団第177回定期演奏会
〈モーツァルトの華麗なる二重協奏曲〉

7月19日(水)14:00
いずみホール
一般¥5000/学生¥1000(指定席)
●出演者●
Cond/門良一
Orch/モーツァルト室内管弦楽団
Vn/ギオルギ・バブアゼ、チプリアンマリネスク
Fl/大江浩志
Hp/石井理子
●主な曲目●
モーツァルト:《バスティアンとバスティエンヌ》によるシンフォニアK.50、フルートとハープのための協奏曲ハ長調K.299、2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネハ長調K.190、交響曲第29番イ長調K.201
18世紀のある時期、複数の独奏楽器のための協奏曲、いわゆるサンフォニー・コンセルタント(協奏交響曲)がパリやロンドンで大流行した。遠く田舎町ザルツブルクにいたモーツァルトにもその雰囲気は伝わっていたらしい。モーツァルトは「マンハイム・パリ旅行」に出かける3年も前に「2つのヴァイオリンのためのコンチェルトーネ」を作曲するが、これは後にマンハイムの音楽家たちから「この曲は全くパリ向きだ」と称賛されている。その本場のパリでモーツァルトは「フルートとハープのための協奏曲」を作曲する。これは「協奏交響曲」と名付けられてはいないが、フルートとハープという複数の独奏楽器のための協奏曲にちがいはない。これら2曲は当時最大の音楽消費都市であったパリに実にふさわしいし、モーツァルトはそれぞれの独奏楽器に華麗なオペラの名場面を思わせるような個性的な音楽を与えているのだ。

トワイライト・コンサート(プレミアムクラシック)
笛は夢見る
〜フルートとピアノによる南回帰線上の国々の音楽の魅力〜

7月20日(木)16:00
宝くじドリーム館
入場無料
●出演者●
Fl/吉岡次郎
Pf/長尾洋史
●主な曲目●
C.ヴァイン:笛は夢見る
A.ピアソラ:ル・グラン・タンゴ
H.ヴィラ=ロボス:アリア(ブラジル風バッハ第5番より 他
難波のOCATにある大阪宝くじドリーム館でランチタイムコンサートが入場無料で開催されます。年10回若手新鋭アーティストによる本格的なクラシックを身近で楽しむことができます。身近で迫力ある生演奏をお楽しみ下さい。

阪神・淡路大震災・東日本大震災追悼演奏会
神戸フロイデ合唱団2017サマーコンサート
ハイドン「四季」

7月21日(金)19:00
神戸国際会館こくさいホール
S¥6000/A¥5000/B¥4000/C¥3000(全席指定)
●出演者●
Cond/亀井正比古
Orch/関西フィルハーモニー管弦楽団
Chor/神戸フロイデ合唱団
Sop/坂口裕子
Ten/清水徹太郎
Bar/田中由也
●主な曲目●
ハイドン「四季」抜粋 日本語・字幕付き
神戸フロイデ合唱団は1951年神戸労音として発足し、1971年現在の名称に改称。現団員数は約200名で、毎年恒例の第九演奏会に加え、このサマーコンサー都や定期演奏会を等意欲的な活動を展開しています。平成17年度神戸市文化活動功労賞を受賞しました。今夏は阪神淡路大震災と東日本大震災の追悼演奏会としてハイドン「四季」を取り上げます。亀井正比古率いる神戸フロイデ合唱団のさらにパワーアップした演奏をご期待下さい!

関西クラシック音楽界夏の祭典
サマーミュージックフェスティバル大阪2017
inザ・フェニックスホール
夏祭なにわなくとも室内楽Vol.9 《ろうまん嬉遊会》 【第1夜】

7月22日(土)17:00
ザ・フェニックスホール
一般¥4000/小中高生¥1000/2夜セット券¥7000(自由席)
●出演者●
構成・監修/網干 毅
4Hds/山内愛・今村雅子、小濱加奈子・小竹詩乃
Pf/松村英臣、笹村直子
Guit/増井一友、山中由美子、山中美智、佐久間優
Vn/釋伸司、佐野智子
Va/三木香奈
Vc/山岸孝教
Fl/安藤史子
Ob/橋爪惠梨香
Cl/篠原猛浩
Fg/東口泰之
Hrn/世古宗優
●主な曲目●
リスト:「祝祭ポロネーズ」、「レ・プレリュード」
バーバー:「思い出」
ブラームス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番 ト長調 op.78「雨の歌」
ミラン・テサール:ギタ―四重奏のための「ディヴェルティメント」
ボッケリーニ:ギター五重奏曲第4番「ファンダンゴ」
プーランク:ピアノと木管五重奏のための六重奏曲
1997年より始動しました「サマーミュージックフェスティバル大阪」もおかげさまで20回めを迎えることができました。今年は20回記念として、ザ・フェニックスホールで2公演、いずみホールで5公演開催致します。7月はザ・フェニックスホールにて網干毅構成監修のもと 「夏祭なにわなくとも室内楽」Vol.9《ろうまん嬉遊会》と題し、関西で活躍する音楽家が結集し、多彩な室内楽の数々を2日間お届けします。 8月はいずみホールにて小味渕彦之構成監修のもと、関西音楽界を代表するベテラン勢から注目の高校生までが結集し、1997年第1回で取り上げたメモリアルイヤーの作曲家(シューベルト、メンデルスゾーン、ブラームス)で構成された2日間と、後半の3日間はホールの音空間を満たす様々な作品を取り上げ、計5日間華やかなステージを繰り広げます。どうぞご期待ください!

関西クラシック音楽界夏の祭典
サマーミュージックフェスティバル大阪2017
inザ・フェニックスホール
夏祭なにわなくとも室内楽Vol.9 《ろうまん嬉遊会》 【第2夜】

7月30日(日)17:00
ザ・フェニックスホール
一般¥4000/小中高生¥1000/2夜セット券¥7000(自由席)
●出演者●
構成・監修/網干 毅
Pf/木下たまみ、佐々木愛、松村敬子、福井真裕子
Vn/ギオルギ・バブアゼ、日比浩一、萩原合歓
Va/三木香奈
Vc/大町剛、日野俊介
Cb/南出信一
●主な曲目●
メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲 第2番ハ短調 op.66
シューマン:ピアノ五重奏曲 変ホ長調 op.44
モーツァルト:ディヴェルティメント 変ロ長調 KV254
シューベルト:ピアノ五重奏曲 イ長調 D667 「ます」
1997年より始動しました「サマーミュージックフェスティバル大阪」もおかげさまで20回めを迎えることができました。今年は20回記念として、ザ・フェニックスホールで2公演、いずみホールで5公演開催致します。7月はザ・フェニックスホールにて網干毅構成監修のもと 「夏祭なにわなくとも室内楽」Vol.9《ろうまん嬉遊会》と題し、関西で活躍する音楽家が結集し、多彩な室内楽の数々を2日間お届けします。 8月はいずみホールにて小味渕彦之構成監修のもと、関西音楽界を代表するベテラン勢から注目の高校生までが結集し、1997年第1回で取り上げたメモリアルイヤーの作曲家(シューベルト、メンデルスゾーン、ブラームス)で構成された2日間と、後半の3日間はホールの音空間を満たす様々な作品を取り上げ、計5日間華やかなステージを繰り広げます。どうぞご期待ください!