♪ひとことメモがあります

NEW!



スケジュール -6月-

チケット購入方法については、こちらのページをご確認ください。
6月|7月8月

関西歌曲研究会
初夏にうたう〜日本歌曲の夕べ〜

6月02日(金)18:30
兵庫県立芸術文化センター・小ホール
¥2500(自由席)
●出演者●
声楽/池口佳実、伊藤京、大岡美佐、岡部夕紀子、川上佐由利、
土田裕美、中井理映子、中川正崇、三輪千賀、渡邊光太郎
Pf/小梶由美子、小林美智
プロデュース/須礼子、道簱直樹
●主な曲目●
あなた/からたちの花/赤いかんざし/海ほおずきと少年/太陽は空の中心にかかる/春近き日に/みやこわすれ/旅上/真昼の乙女たち/九十九里浜 他
関西歌曲研究会初の芸術文化センターでの開催となります。10名の声楽陣が、格式高い日本歌曲から現代作曲家の日本歌曲の数々を綴ります。それぞれの個性溢れるステージをたっぷりとお楽しみ下さい。

湊谷亜由美ピアノリサイタル

6月03日(土)17:00
兵庫県立芸術文化センター・小ホール
¥3000(自由席)
●出演者●
Pf/湊谷亜由美
●主な曲目●
ショパン:即興曲第1番変イ長調op.29、即興曲第2番嬰ヘ長調op.36、即興曲第3番変ト長調op.51、アンダンテ・スピアナートと大ポロネーズ変ホ長調op.22
リスト:ソナタ ロ短調
ポーランドで長く研鑽を積み、これまでポーランドの作曲家の作品を中心に紹介し続けているピアニスト湊谷亜由美。今回はショパンとリストの2人の作曲家の大曲に挑みます。

小川友子ピアノ室内楽シリーズ[
ロシアの響き〜「闇から明へ」幸福への夢〜

6月04日(日)15:00
ザ・フェニックスホール
一般¥4000/学生(高校生以下)¥3000(自由席)
●出演者●
Pf/小川友子
Vn/小森谷巧
Vc/唐沢安岐奈
●主な曲目●
シュニトケ:古い様式による組曲
ラフマニノフ:チェロとピアノのためのソナタ ト短調op.19
アレンスキー:ピアノ三重奏曲第1番ニ短調op.32
ほぼ2年ごとにシリーズで開催する小川友子の室内楽企画第8弾。読響コンサートマスターの小森谷と同じく読響団員の唐沢の息の合った実力派二人を毎回ゲストに迎え、今年はロシアの響きと題し、同じモスクワ音楽院で学んだシュニトケ、ラフマニノフ、アレンスキー3人の作曲家の作品をハイ・クォリティ・サウンドでお届けします。ロシ音楽の情熱的で華麗な響きをご堪能ください。

Chapel de Classic Vol.5
若いアーティスト達の競演

6月10日(土)18:00
日本基督教団 天満教会
¥2000(自由席)
●出演者●
Fl/福原摩耶(Pf/北一恵)、松岡千聖(Pf/佐藤光晴)
Sop/味村有果(Pf/坂西 涼)、長太優子(Pf/前川裕介)
Vn/山ア未南
4Hds/川本麻弥&鰺坂知佳
Pf/田中遥香、山田千愛、門脇いずみ、松井洋子、中川千絵
●主な曲目●
シャミナード:コンチェルティーノ
エネスコ:カンタービレとプレスト
モーツァルト:コンサートアリアより“ああ、私はどこに”
なかにしあかね:今日もひとつ
ブラームス:ヴァイオリンソナタ第1番「雨の歌」より第1楽章
伊藤康英:バイエル・ラグ、チョコレート・ダモーレ、琉球幻想曲
ショパン:バラード第1番・第4番
ラヴェル:「夜のガスパール」より“スカルボ”
ドビュッシー:喜びの島 他
チャペルでクラシックと題し、都会に佇む歴史ある天満教会でフレッシュな若手アーティストの演奏をお届けします。ヴァイオリン、フルート、ソプラノ、ピアノ独奏、連弾と様々な編成で多彩な音楽の数々をお届けします。

南雲英代サロンコンサートNo.41

6月12日(月)19:00
大阪倶楽部4Fホール
一般¥4500/L.S.N会員¥4000(自由席)
●出演者●
Sop/南雲英代
Pf/正田 歩
Vn/マウロ・イウラート
●主な曲目●
未定
日本とイタリア双方で生活を続けるソプラノ南雲英代。年2回のサロンコンサートも41回を数えます。スライドで町の紹介をしながら、イタリアの香り漂う音楽をたっぷりとお届けします。また休憩時のフェスタではイタリア直輸入の味覚をご堪能下さい。

モーツァルト室内管弦楽団第176回定期演奏会
〈モーツァルトとハイドン〉その11

6月17日(土)14:00
いずみホール
一般¥5000/学生¥1000(指定席)
●出演者●
Cond/門良一
Orch/モーツァルト室内管弦楽団
Pf/松村英臣
Sop/櫻井孝子
●主な曲目●
ハイドン:交響曲第83番ト短調Hob.I-83《めんどり》
モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番イ長調K.488、ピアノ独奏付き演奏会用アリア《どうしてあなたを忘れられよう》K.505、交響曲第40番ト短調K.550
モーツァルトは弦楽四重奏曲と交響曲の分野においてハイドンの作品をモデルとした。「ハイドン・セット」の名で知られる6曲の弦楽四重奏曲集の出版の際には、「私が弦楽四重奏曲の作り方を教わったのはハイドンからだ」と明記した丁重な献呈文を付けている。交響曲においてはモーツァルトからそのような表明はないけれども、ハイドンの影響下に作られたと思われる作品がいくつかある。交響曲第36番《リンツ》と、今日その第2曲が演奏される《3大交響曲》である。《3大交響曲》のモデルはハイドンの6曲からなる《パリ交響曲》の最初の3曲であり、その3曲の調性がハ長調、ト短調、変ホ長調となっていて、モーツァルトの《3大交響曲》のそれぞれの調性と順序は違うけれども一致しているのである。この演奏会ではハイドンの《パリ交響曲》の第2曲、交響曲第83番ト短調とモーツァルトの《3大交響曲》の第2曲、交響曲第40番ト短調とを、演奏をまじえた解説によって比較する試みを行う。

大阪フロイデ合唱団演奏会

6月21日(水)19:00
いずみホール
S¥5000/A¥4500(指定席)
●出演者●
Cond/亀井正比古
Orch/大阪チェンバーオーケストラ
Sop/石橋栄実
Alt/福原寿美枝
Chor/大阪フロイデ合唱団
●主な曲目●
ヴィヴァルディ:グロリア
ケルビーニ:戴冠式の荘厳ミサ ト長調
大阪フロイデ合唱団50余年の歴史で初めてのプログラムに取り組みます。相対するヴィヴァルディとケルビーニの2作品ですが、共通するのは「明るさ」です。 グロリアはもちろん、ケルビーニも「ルイ18世の戴冠式のための荘厳ミサ」なので「お祝い」です。楽しく、手ごたえも歯ごたえもある2作品に挑み、一丸となって高らかに歌い上げます。

トワイライト・クラシック・コンサートVol.3
夢のヴァイオリン ☆彡 虹色コンサート

6月22日(木)16:00
宝くじドリーム館
入場無料
●出演者●
Vn/高橋和歌
Pf/高橋望
●主な曲目●
N.H.ブラウン:雨に唄えば
F.クライスラー:テンポ・ディ・メヌエット
N.パガニーニ:ラ・カンパネラ  ほか
難波のOCATにある大阪宝くじドリーム館でランチタイムコンサートが入場無料で開催されます。年10回若手新鋭アーティストによる本格的なクラシックを身近で楽しむことができます。身近で迫力ある生演奏をお楽しみ下さい。

世界を駆ける80歳現役歌手
田中公道テノールリサイタル

6月25日(日)14:00
大阪国際交流センター
一般¥4000/小中高生¥2000(自由席)
●出演者●
Ten/田中公道
Pf/多久潤子
Vn/赤松由夏
●主な曲目●
プッチーニ:オペラ「トゥーランドット」より誰も寝てはならぬ!
プッチーニ:オペラ「蝶々夫人」より愛の家よ、さようなら
アルビノーニ:失われた愛
ビゼー:オペラ「カルメン」より花の歌
ゴメス:さようなら、オペラ「フォスカ」ああ!あなたが天使であれば
フェイン:慕情(愛は多彩なものです)
ラヴランド:あなたは私を奮い立たせる
ラカージェ:アマポーラ
ヴェラスケス:ベサメ・ムーチョ
ポンセ:小さな星
カルディルロ:カタリ
日本のみならず、中国やブラジルでも大活躍の80歳生涯現役テノール歌手、田中公道。十八番のオペラアリアの名曲から、世界各国の歌の数々をお届けします。年を感じさせないハイテナーで人々を勇気付けます。